神戸

  • 印刷
久元喜造氏
拡大
久元喜造氏

 神戸新聞社は31日の神戸市長選投開票を前に、市民生活に直結する施策や市政の重要課題など11項目について、候補者5人にアンケートを実施した。3回に分けて、回答を原則としてそのまま掲載する。

■人口減少が進み、政令市で7位に転落。どう対処する?

 駅周辺リノベーションによるまちの魅力向上、待機児童解消・こども食堂など子育て支援の充実、スタートアップ支援等を通じた働く場の創出など神戸の魅力をいかし、若者が活躍できる・住み続けたくなる街を目指します。

■子育て環境の充実に向けて何に取り組む?

 保育所整備や国内最高水準の保育士確保対策による待機児童の終局的解決、こども医療費助成の充実、多子・多胎児支援、こども・若者ケアラー支援に加え、中学校給食の全員実施や高校生の通学費助成の拡充等を進めます。

■運用が規制緩和された神戸空港の展望をどう描く?

 コロナ禍の終息により旅行・移動需要は復元するものと考えており、観光プロモーション強化に加えて大阪・関西万博等の機会をとらえ、関西三空港懇談会の方針を踏まえ、さらなる規制緩和・国際化に取り組んでいきます。

■「神戸医療産業都市」の将来像をどう考える?

 構想から20年で全国最大級の医療クラスターに成長しました。iPS細胞による再生医療、ICTを用いた機器開発、富岳の活用など着実に成果が出ており、市民にさらなるメリットを実感いただける取り組みを強化します。

【特集ページ】神戸市長選2021

神戸神戸市長選特集選挙
神戸の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ