神戸

  • 印刷
酒谷敏生氏
拡大
酒谷敏生氏

 神戸新聞社は31日の神戸市長選投開票を前に、市民生活に直結する施策や市政の重要課題など11項目について、候補者5人にアンケートを実施した。3回に分けて、回答を原則としてそのまま掲載する。

■人口減少が進み、政令市で7位に転落。どう対処する?

 子育てや公共施設などへのサービスを高め、移入者歓迎手当も必要。子育て世代へ手厚く助成し、ハードを作った上で神戸での夢のある生活を宣伝。若い世代は市営駐車場を安くして住宅購入補助もすれば必ず増えます。

■子育て環境の充実に向けて何に取り組む?

 出産手当金とは別に祝い金10万円、5年ごとに成長手当5万円、習い事手当1人1万円を支給。ミルクやおむつは1年間無料。待機児童を出さないよう保育士の給与増を。所得次第で教育ローンなどを給付。

■運用が規制緩和された神戸空港の展望をどう描く?

 国際化を望みますが、市営にできなかった点に無力さを感じます。インバウンドに期待したいが観光が追い付いていません。湾岸線を完成させて大阪の客を増やし、ポートアイランド2期や空港島の商業施設増と欧風化を。

■「神戸医療産業都市」の将来像をどう考える?

 次の地震でアウトでしょう。なぜ液状化する場所に医療機関を集約させたのか。土地利用と単価の問題で医療機関や大学が設置されている。ポートライナーは学生で混むし、将来は暗いです。

【特集ページ】神戸市長選2021

神戸神戸市長選特集選挙
神戸の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ