神戸

  • 印刷
拡大

■日本経済 競争力高める

 「30年間で低下した日本の国際競争力を上位に引き戻し、もうける企業をたくさん作り、税収を教育や社会保障に使いたい」。経済産業副大臣などを歴任し、日本経済の強靱(きょうじん)化に取り組んできた。

 中でも半導体の重要性に着目し、党の半導体戦略推進議員連盟を設立。首相や大臣経験者も含めて約100人を集め、事務局長に就いた。経済安全保障が課題となる中、日本に半導体工場を作るため心血を注ぎ、成果が実を結びつつある。

 「人のためになる仕事を」と政治を志し、関学大卒業後、松下政経塾へ。「人の汗や涙、苦しみが分かって政治家になるべきだ。企業で汗を流せ」。魚市場で定年まで勤めた父に諭され、17年間の銀行員生活を経て2005年に初当選した。

 地元の活動を何よりも大切にする。国会会期中も毎週末帰り、愛車のピザ配達用バイクで回って住民の声に耳を傾けてきた。「国民と一緒に歩き、考え、豊かになる。それが政治の基本」と信じる。

 神戸では国産初の手術支援ロボットや水素エネルギーに可能性を感じる。「トップセールスで売り歩き、世界の富をこの神戸に集めたい」(大島光貴)

 【メモ】関芳弘(せき・よしひろ) 「一般家庭に生まれ育ったが、国家のためにお役に立てる人間になりたい」と、歴史上の人物では坂本龍馬を敬愛する。中学で始めた卓球が趣味で「敏しょう性やどのコースに来るかという読みが好き」。超党派の国会卓球議員連盟を作って事務局長を務め、中国大使館との大会で優勝した経験も。囲碁や書道も好き。キャッチフレーズは「愛と緑と商売繁盛」。

 【特集ページ】衆院選2021

神戸衆院選兵庫特集3区選挙
神戸の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ