神戸

  • 印刷
酒谷敏生氏
拡大
酒谷敏生氏

 神戸新聞社は31日の神戸市長選投開票を前に、市民生活に直結する施策や市政の重要課題など11項目について、候補者5人にアンケートを実施した。3回に分けて、回答を原則としてそのまま掲載する。

■巨大地震や豪雨災害への備えはどう進める?

 地震や津波の影響が大きく、もう海上開発はやめよう。最近の豪雨で地盤がゆるんで土砂災害が多く擁壁が割れて水が流れ出す所もあり、山の補強に努めよう。埋め立て地の高層建物の危機を感じます。防災に力を入れます。

■当選したら必ず取り組む重点施策を三つ挙げると?

 ○人口流出阻止。年1%の増加

 ○議員報酬と市職員報酬減額

 ○コロナ制限解除に向けた対策

■久元市政は何点?その理由と改善点は?

 30点。コンサルやシンクタンク任せの感があり想像力が伝わらない。学校跡地の処理や有効利用も妙案がない。ふれまちや自治会などもっと有効に活用するべきだ。武道教育に力を入れていない。

■コロナ禍も踏まえて、理想の市長像をどう考える?

 冷たさを感じます。コロナ対策も思い切りがない。協力金支払いを急ぐなど、職員や議員をあおる姿勢を感じた事がありません。何の疑いもなく650にもおよぶ補助金給付をしていますが、怪しい活動内容が多すぎます。

【特集ページ】神戸市長選2021

神戸神戸市長選特集選挙
神戸の最新
もっと見る
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ