神戸

  • 印刷
学生と一緒に音声番組「めっちゃ兵庫」を収録する金慶順記者(左)=神戸市西区学園西町、流通科学大学(撮影・小川 晶)
拡大
学生と一緒に音声番組「めっちゃ兵庫」を収録する金慶順記者(左)=神戸市西区学園西町、流通科学大学(撮影・小川 晶)
音声番組「めっちゃ兵庫」のQRコード
拡大
音声番組「めっちゃ兵庫」のQRコード

 神戸市西区学園西町の流通科学大学で13日、学園祭「りゅうか祭」が始まり、神戸新聞社が音声番組「めっちゃ兵庫」の出張収録を行った。学生が番組パーソナリティーとして記事を読み上げ、収録を体験。番組は、音声メディア「Voicy(ボイシー)」のアプリやウェブサイトで聴ける。

 昨年の「りゅうか祭」はコロナ禍の影響でオンライン開催だったため、キャンパス内では2年ぶりに実施。入場できるのは大学関係者だけだが、オンライン配信もあり、和太鼓やダンス、サークル活動の発表などでにぎわった。

 収録イベントは、村尾俊一特任教授ゼミと共同で企画し、学生2人が神戸新聞地方版の記事を読み上げた。続いて「コロナ禍で一番つらかったこと」「ニュースをどこで知るか」などをテーマに、記者から学生にインタビューして収録。「神戸新聞NEXT」についての講義も実施した。

 出演した経営学科3年の大山悠斗さん(21)は、コロナ禍でのつらさを「友人との価値観の違いが分かったこと」、ニュースは「ツイッターのトレンドで知る」などと語った。

 学園祭、収録イベントは14日もある。(金 慶順)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ