神戸

  • 印刷
王子動物園の春の風物詩「夜桜通り抜け」=2019年3月、灘区王子町3
拡大
王子動物園の春の風物詩「夜桜通り抜け」=2019年3月、灘区王子町3
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市は30日の市会委員会で、王子動物園(同市灘区)を含む王子公園一帯の再整備基本方針の素案について説明した。大規模な改装が予定される動物園ゾーンでは、名所として知られる桜の一部を撤去する可能性に言及したが、20年以上前から続くライトアップのイベント「夜桜通り抜け」は存続させる方向という。

 この日の建設防災委員会で、市は動物園について、設備が老朽化する遊園地の廃止や動物の展示スペース再編、立体駐車場を設置する計画を説明。リニューアルを進める中で桜が支障になる上、老木の一部撤去や移植が必要になるとの認識を示した。市建設局幹部は「残せるものは残したい」と述べた。

 1998年から続く同園の夜桜通り抜けは、3月下旬~4月上旬にソメイヨシノ約480本を照らす恒例行事。新型コロナ禍で昨年と今年は中止した。同園幹部は取材に対し、「王子動物園の名物。規模が変わっても続けたい」とした。

 また、王子公園の再整備素案ではプールやテニスコートなどをなくす方針を明記。同日の総務財政委員会では、複数の議員から「市民に親しまれる施設を廃止にするのはどうか」「代替施設が近くにあるとは言えない」などの意見が出た。

 市は「各施設の老朽化が顕著で、利用状況なども踏まえ、阪急王子公園駅前の土地を有効に活用するため(プールなどを)廃止することを素案とした。今後、指摘などを整理して、各局と協議を進める」とした。

 市は12月10日から来年1月17日まで、王子公園の再整備素案に対する市民意見を募集する予定。(初鹿野俊、三島大一郎)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ