神戸

  • 印刷
水中撮影した写真には随所に魚介の姿も見られる(宮道さん提供)
拡大
水中撮影した写真には随所に魚介の姿も見られる(宮道さん提供)
写真を見ながら調査の成果を説明する宮道成彦さん=神戸市役所
拡大
写真を見ながら調査の成果を説明する宮道成彦さん=神戸市役所
市民の足として活躍したかつての神戸市電。市営地下鉄の名谷車両基地で保存されている=神戸市須磨区
拡大
市民の足として活躍したかつての神戸市電。市営地下鉄の名谷車両基地で保存されている=神戸市須磨区
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 魚礁として神戸・須磨沖に沈められた神戸市電の車体を、同市文化スポーツ局副局長の宮道成彦さん(56)が水中撮影に成功した。1971年の廃止から50年を超えた今も、別の役割を果たす姿を会員制交流サイト(SNS)で発信し、反響を呼んでいる。「想像以上に多くの人が喜んでくれた。市電を知る高齢の市民に今の姿を伝えたい」と話している。(津谷治英)

 神戸市電は1910(明治43)年に開業。緑を基調とするツートンカラーの車体で知られ、導入した技術の先進性から「東洋一」と評価された。廃止後に車両の一部は広島電鉄(広島市)に引き継がれたが、約60両が魚礁として須磨海づり公園の東南沖に沈められた。

 宮道さんは84年に入庁。交通局に配属され、地下鉄の延伸作業に関わる中で、市電の運転士や女性車掌を務めた先輩からその魅力を聞いてきた。

 子どもの頃からの海好きで、30年前からダイビングも始めた。国内外の自然をとらえた写真を発表するなど、海中写真家としても活動する。その傍らで、阪神・淡路大震災後の海の変化を記録しようと、地元の海にも潜ってきた。昨年、廃止から半世紀の節目となる市電の今の姿を探索しようと、水中撮影する決意をした。

 第5管区海上保安本部の記録を参考にしながら、海づり公園付近の約500メートル四方の海域に4回潜水。毎回40~50分をかけて水深20~25メートルの海を潜った。速い海流を避けるためにプロのダイバーが付き添い、地元の水産会社も船上からボンベをつり下げるなど、安全面で協力をしてくれた。

 昨年12月、車体の前面を確認。周辺から窓ガラス片が見つかり、現役当時の形をとどめる室内灯の部品なども確認した。「50年目に出合えたのは運命的と思う。私一人ではここまでできなかった」と協力者に感謝する。

 仲間の職員や鉄道ファンらがSNS上の写真を見て賛辞をくれたという。「いずれは写真や引き揚げた部品を展示し、交通局の先輩にも見てもらいたい」と話している。

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(5月21日)

  • 22℃
  • 19℃
  • 30%

  • 24℃
  • 15℃
  • 20%

  • 22℃
  • 18℃
  • 50%

  • 22℃
  • 18℃
  • 30%

お知らせ