神戸

  • 印刷
猫LOVEウイークに特別出演し、月亭遊方さん(左)、笑福亭松喬さん(中央)と記念撮影するデブ猫の「マル」=兵庫区新開地、喜楽館
拡大
猫LOVEウイークに特別出演し、月亭遊方さん(左)、笑福亭松喬さん(中央)と記念撮影するデブ猫の「マル」=兵庫区新開地、喜楽館
猫LOVEウイークに特別出演し、月亭遊方さん(左)、笑福亭松喬さんと記念撮影するデブ猫の「マル」=兵庫区新開地、喜楽館
拡大
猫LOVEウイークに特別出演し、月亭遊方さん(左)、笑福亭松喬さんと記念撮影するデブ猫の「マル」=兵庫区新開地、喜楽館

 猫を愛する落語家が集う「猫LOVEウイーク」と銘打った寄席が21日、神戸新開地・喜楽館(神戸市兵庫区)で始まった。2月22日は「にゃんにゃん」の語呂合わせにちなみ「猫の日」。2022年の今年は「2」が六つ並ぶことから、27日までの1週間、猫をテーマにした落語を披露する同ウイークが初めて企画された。

 出演する落語家は、いずれも猫好きでつくる「上方落語はにゃしか倶楽部」のメンバー。

 初日の21日は、昼席終了後、神戸新聞で4月からスタートする創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」の主人公「マル(3歳の雄)」が会場に登場。昼席の観客と記念写真を撮ったり、落語家の月亭遊方さんや笑福亭松喬さんから「どこから来たの?」「好きな食べ物は?」などの質問を受けたりした。遊方さんは「かなしきデブ猫ちゃんの本をもとに創作落語をしてみたい」と語った。

 通販大手・フェリシモ(神戸市)の猫好き社員らでつくる猫部が協力して舞台やロビーにグッズを展示し、お祭りムードを演出した。(藤原 学、信濃将富)

神戸かなしきデブ猫ちゃん特集
神戸の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ