神戸

  • 印刷
焼き肉店「カルビ越え」でふ化し、3~4カ月程度たったウーパールーパー=神戸市中央区中山手通1
拡大
焼き肉店「カルビ越え」でふ化し、3~4カ月程度たったウーパールーパー=神戸市中央区中山手通1
焼き肉店「カルビ越え」の店内でウーパールーパーを飼育している様子=神戸市中央区中山手通1
拡大
焼き肉店「カルビ越え」の店内でウーパールーパーを飼育している様子=神戸市中央区中山手通1
焼き肉店「カルビ越え」でふ化し、3~4カ月程度たったウーパールーパー=神戸市中央区中山手通1
拡大
焼き肉店「カルビ越え」でふ化し、3~4カ月程度たったウーパールーパー=神戸市中央区中山手通1

 元メジャーリーガーのイチローさんが名付け親として知られる神戸・三宮の焼き肉店「カルビ越え」が、ふ化直後のウーパールーパーを無料でプレゼントしている。飼育歴約10年の店長日高出さん(51)が繁殖させた個体で、水槽内で愛らしいしぐさを振りまいている。

 ウーパールーパーは、幼体のまま成熟し、繁殖機能を持つようになる水生の両生類。カエルで例えれば、オタマジャクシのまま一生を終えるようなものだ。一方で、水質の悪化など環境の変化によっては変態し、陸に上がることもあるなど、独特の生態を持つ。

 1980年代のテレビCMで取り上げられ、ユニークな姿でお茶の間の人気を集めた。原産地のメキシコでは絶滅の危機にひんしており、国際取引が制限されているが、日本国内で繁殖した個体のやり取りは認められている。

 日高さんは幼少期からの両生類好きで、店を継いだ2013年ごろから店内の水槽でウーパールーパーを飼い始めた。雌雄のペアがそろうと、繁殖期の冬に合わせて大量に産卵するようになり、5年ほど前から毎年約100匹ずつを客らに配っている。

 今季も、ふ化した個体が順調に成長。現在の体長は3センチほどで、ひらひらした特徴的なえらも目立ち始めている。日高さんは「かわいらしくもあり、怪獣っぽくもある外見が最大の魅力。飼育も難しくないので、ぜひ育ててみて」と話す。

 譲り受けは来店が原則で、事前に電話連絡が必要。カルビ越えTEL078・265・0188

(小川 晶)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ