三木

  • 印刷
間隔を保って着席した出席者=三木市文化会館
拡大
間隔を保って着席した出席者=三木市文化会館

 兵庫県三木市と三木商工会議所は5日、市文化会館(福井)で新春賀会を開いた。市や企業関係者ら約240人が、間隔を空けて着席。新型コロナウイルス感染症対策を講じながら進行した。

 仲田一彦市長はあいさつで「既にある地域資源を有効に活用する」と強調。金物については、「海外への販路開拓に対する支援を増やし、三木の金物を世界に発信していく」と抱負を語った。

 酒米山田錦については、PR不足と分析。日本一の産地として市内の酒蔵と連携することで、「世界に売っていくための協議を進めている」と説明した。

 三つ目に挙げたのは、ゴルフ。3月に市内で開かれる全国高校・中学校ゴルフ選手権春季大会(春高・春中ゴルフ)の成功を誓った。

 ほかにも、トップクラスのジュニアゴルファーが集う合宿の誘致に向け、協議を進めていることも明らかにした。「将来的には民間の力を借り、ゴルフアカデミーの建設を進めたい」と話した。

 商議所の稲田三郎会頭は「行政と力を合わせ、町を盛り上げられるような、企業努力が求められている」と述べた。(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ