三木

  • 印刷
「CRY-SIS クライシス」について説明する高田哲男さん=三木市立堀光美術館
拡大
「CRY-SIS クライシス」について説明する高田哲男さん=三木市立堀光美術館
デビッド・ボウイを描いた作品=三木市立堀光美術館
拡大
デビッド・ボウイを描いた作品=三木市立堀光美術館

 兵庫県三木市の現代作家、高田哲男さんの作品を集めた「高田哲男展 ドローイング&アーツ」が8日、同市上の丸町の市立堀光美術館で始まる。インクボールペンで描いた緻密な線画を中心に68作品が並び、独特の世界観が見る人を魅了する。

 高田さんは美術系の専門学校を卒業後、デザイン会社に就職。退職後、本格的に創作活動を始め、三木市展市長賞や兵庫県展県知事賞などを受けた。市美術協会に所属している。

 会場には、線画やアクリル画のほか、性質や種類の異なる素材や技法を組み合わせた「ミクストメディア」といった作品を展示。インクボールペンのみで記した「CRY-SIS クライシス」では、はりつけになったキリストの背景に、過激派組織イスラム国(IS)の被害者と、ISメンバーの顔や目をモザイクのようにあしらった。

 「流血の様子を収めた写真は、グロテスクで目を背けるが、モノクロの絵にすると見ることができる」と高田さん。「接する機会がなくなると人は忘れてしまう。作品に残しておきたかった」と説明する。

 ほかにも、独特な柄の中で漫才師の夢路いとし、喜味こいしを描いた絵などがある。高田さんは「見たままを感じて、絵から物語を連想してみて」と話す。

 31日まで(祝日除く月曜と12日は休館)。午前10時~午後5時(入館は午後4時半)。無料。同美術館TEL0794・82・9945

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ