三木

  • 印刷
飲食店が連なる銭屋酒坊。14日から時短営業が要請される=三木市福井1
拡大
飲食店が連なる銭屋酒坊。14日から時短営業が要請される=三木市福井1

 緊急事態宣言が13日、再発令されたのを受け、飲食店などは兵庫県内全域で午後8時までの時短営業を要請される。同県三木市内でも、飲食店やカラオケ店が対応に追われた。(大橋凜太郎、篠原拓真)

 「出たもんはどうしようもない。でも、いつまで耐えたらいいんやろ」と市内の居酒屋店主は肩を落とす。要請通り営業時間を短縮するが、最も気掛かりなのは、休業や外出自粛を強いる「自粛警察」の存在だ。

 前回の発令時よりも市内の感染者が増えており「お客さんもシビアになっている」と分析。「親切だった人が変わってしまうのは、見たくない」とこぼした。

 14店舗が連なる飲食店街「銭屋酒坊」(三木市福井1)では、夜間の営業が前提の店舗が休業を決める一方、カラオケ喫茶がモーニングを始めるなど、店によって対応が分かれた。

 鉄板焼きが主力の「気分や」は、新たに昼営業を始め、日替わりの定食も用意。国などから1日6万円の協力金が支給されるが、オーナーの西野輝彦さん(38)は「大事なのは目先のお金ではなく、お客さん。来てくれる人をないがしろにしたら、次はないと思っている」と話した。

 市内のあるカラオケ店も時短営業を決めた。男性店長は「夜は使用料金も昼間の倍で、飲食もよく出る。協力金はあるが、週末の夜の売り上げと比べると短縮は痛い」と打ち明ける。コロナ禍で常連客も減ったといい「この先どうなるのか。見通しが付かない方が心配」と話した。

三木
三木の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ