三木

  • 印刷
作品「やまない雨はない」には、小さなアマビエだるまをしのばせた=堀光美術館
拡大
作品「やまない雨はない」には、小さなアマビエだるまをしのばせた=堀光美術館
絵に込めた思いについて話す藤原昌代さん=堀光美術館
拡大
絵に込めた思いについて話す藤原昌代さん=堀光美術館
2020年に亡くなった祖母について描いた作品「旅立ち」=三木市上の丸町、堀光美術館
拡大
2020年に亡くなった祖母について描いた作品「旅立ち」=三木市上の丸町、堀光美術館
春の気配を感じる様子を描いた「春風」=三木市上の丸町、堀光美術館
拡大
春の気配を感じる様子を描いた「春風」=三木市上の丸町、堀光美術館
地平線から太陽が昇る様子を心情として描いた「明けない夜はない」=三木市上の丸町、堀光美術館
拡大
地平線から太陽が昇る様子を心情として描いた「明けない夜はない」=三木市上の丸町、堀光美術館

 神戸市灘区在住の画家藤原昌代さん(45)の作品展が5日、兵庫県三木市上の丸町の堀光美術館で始まった。心象風景を体の部分に描く独特の画法で心の内側を表現し、鮮やかな色使いが作品を際立たせている。

 藤原さんは短大卒業後、書店で仕事をしながら制作活動を継続してきた。10年ほど前には祖母と父親の介護で一時絵筆を置いたが、6年前に自身の病気が判明。自身の命を見つめ直すきっかけとなり再び筆を持った。介護と仕事をしながらのため、作業は「午後10時から午前5時が、自由に使える時間」といい、睡眠時間を削りながら作業に取り組む。

 会場では、1995年から現在までに描いた37点を披露した。昨年2月に96歳で亡くなった祖母を描いた「旅立ち」では、70代の時の祖母の姿に、祖父母が孫を抱く様子やブランコで遊ぶ模様などをあしらった。「楽しかったことばかりを持っていってもらいたくて」と説明する。

 帽子をかぶった少年の瞳が特徴的な「やまない雨はない」では、雨上がりの虹をイメージした背景を選び、少年の体には笑顔で戯れる子どもたちとだるまを表した。

 また、ストールを巻いた男性に、水平線を太陽が染め始めた場面を表現した「明けない夜はない」は、太陽と宵闇のグラデーションが明日への希望を感じさせる。藤原さんは「思いはさまざまだが、まずは絵を見て楽しんでもらえたら一番うれしい」とほほ笑んだ。

 21日まで(月曜と12日は休館)。午前10時~午後5時(入館は午後4時半)。同館TEL0794・82・9945

(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 23℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 5℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ