三木

  • 印刷
まきとして販売中の伐採木=三木山森林公園
拡大
まきとして販売中の伐採木=三木山森林公園

 三木山森林公園(兵庫県三木市福井)が、森林整備に伴う伐採木をまきとして販売している。新型コロナウイルス感染症の影響で、1月下旬の催し「公園の間伐材で燻製(くんせい)と薪(まき)を作ろう」が中止となったことから企画。使う予定だった素材を燃料として家庭で利用してもらうことで、自然エネルギーや環境問題への理解も深めてもらう狙いだ。

 同公園は森の若返りを目指し、区域を限定した伐採を進めている。今回、まきとして販売するのは、芝生広場沿いの区画に手を加えた際の伐採木。約1年間、乾燥させたコナラが中心で、スギなどの針葉樹と比べて燃焼時間、火力共に優れているという。

 同公園管理事務所主任の土肥恭三さん(60)は「かつての里山林が、燃料として活用されていたことを知ってもらいたい。毎年出るものではないが、これからも提供していきたい」と話していた。

 10本程度を1束とし、500円で販売。三木山森林公園TEL0794・83・6100

(大橋凜太郎)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 23℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 5℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ