三木

  • 印刷
空き家の適正管理に向け協定を結んだ仲田一彦市長(左)と市シルバー人材センターの森本敏理事長=三木市役所
拡大
空き家の適正管理に向け協定を結んだ仲田一彦市長(左)と市シルバー人材センターの森本敏理事長=三木市役所

 兵庫県三木市と市シルバー人材センター(同市府内町)は空き家の適正管理に向け、連携協定を結んだ。同センターが空き家の見回りや点検事業を行い、市が遠方に暮らす所有者との橋渡しをする。近隣トラブルの未然防止や早期解決につなげる。

 市は2020年に空き家の発生抑制や利活用などを盛り込んだ対策計画を策定。所有者に代わって管理を手伝う事業を19年から行っている同センターと協議を重ねていた。

 24日に結ばれた協定では、空き家所有者から市に相談があった場合などに、同センターの事業を紹介する。同センターは、建物や敷地の現状を確認し、写真付きの報告書を作成する。1回税込み2500円。別料金で除草や屋外清掃などの作業を行うオプションも用意する。

 調印式で仲田一彦市長は「空き家問題は全国的な課題。利用してもらうことで対策が大きく進展すれば」と期待。同センターの森本敏理事長は「高齢会員の活躍の場が広がり、外に出ることによって健康づくりにもつながる」と話した。(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 30%

  • 22℃
  • 14℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ