三木

  • 印刷
作・吉田士郎
拡大
作・吉田士郎

 原子力発電所の元技術者で、64歳から独学で木版画を制作する吉田士郎さん(79)=兵庫県小野市=の作品を紹介します。

 12月の肌寒い昼間。三木駅は静まりかえっていた。友人から「作品にしてみぃひんか」と提案され、促されるままにやって来た。簡素な造りの仮駅舎が、目に入った。

 2018年3月4日。隣接する民家で発生した火災は、同駅の下り駅舎をあっという間に包んだ。歴史ある木造の駅舎は全焼し、しばらくして仮駅舎が建った。

 思い出深い駅だ。技術者時代、よく利用した神鉄。神戸方面から三木駅に到着すると「戻ってきたなぁ」と実感した。帰りが遅くなると、よくこの駅で降り、タクシーに乗り換えた。

 新駅舎は、年内にもお目見えするそうだ。完成したら、また版画を作りたい。住民と私の、復興を祝う気持ちを込めて。(聞き手・杉山雅崇)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 30%

  • 22℃
  • 14℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ