三木

  • 印刷
青空の下で泳ぐ姿を見せるこいのぼり=三木市吉川町金会、黒滝
拡大
青空の下で泳ぐ姿を見せるこいのぼり=三木市吉川町金会、黒滝
遊歩道のこいのぼりは子どもたちが思い思いに描いた=三木市吉川町
拡大
遊歩道のこいのぼりは子どもたちが思い思いに描いた=三木市吉川町

 端午の節句(5月5日)を前に、兵庫県三木市吉川町金会の名所「黒滝」でこいのぼりが掲げられた。地域住民が寄せた10匹のこいのぼりが青空をすいすいと遊泳。遊歩道には、よかわ認定こども園の園児が作ったミニこいのぼりも並び、来訪者を楽しませる。

 飾り付けは、地域住民らでつくる「『黒滝』憩いの場つくりの会」が2017年に始めた。18年からは、同園の年長組園児にこいのぼりの模様付けを依頼し、白地に青や黄、赤色で描いたこいのぼりを掲示。今年は新たに作成した19匹を合わせ、計115匹が遊歩道や黒滝近くを彩る。

 大型こいのぼりは、同会のメンバーが26日に備え付けた。同町内の山中から切り出した14メートルの竹を使って、黒滝を見下ろす高台周辺の3カ所に設置しており、5月末まで揚げ続けるという。

 同園児らが、自分たちのこいのぼりを飾る計画だったが、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言発令で中止に。同会の鷹尾滋基代表(72)は「こいのぼりのように子どもたちものびのびと育ち、コロナにかからんように元気に過ごしてほしい」と空を見上げていた。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ