三木

  • 印刷
トラクターでならされた田んぼ。周囲の景色が反射する=三木市吉川町実楽
拡大
トラクターでならされた田んぼ。周囲の景色が反射する=三木市吉川町実楽

 兵庫県三木市吉川町実楽地区で、田んぼに水を引きこんで土地を整える「代かき」が始まった。田んぼに水をためるためにも欠かせないとされ、田植え前の最終準備となる。一筆書きのようにトラクターが走る田んぼには、山や空が映り、ようやく田植えを迎える。

 トラクターは、専用の機械を引き、田んぼの土をかきながら巡る。同地区では平日6時間の作業で、80アールほどずつ田んぼをならしていくという。

 細かく砕いた土を水とかき混ぜる代かきは、粒子の細かな泥が土の隙間を埋めて水漏れを防ぐ。農地に生えた雑草を埋め込む作業も兼ねており、実楽営農組合の西田昇一組合長(70)は「一番の大敵はイネ科のヒエ」と苦々しい表情で説明。養分を奪うヒエを、土中で無酸素状態にすることで死滅させるという。

 1度目の作業でかき混ぜ、2度目で土の表面を平らに整える。均一にすることで苗がムラなく育つといい、「長期間、米を作った田んぼほど均一になる」と歴史をにじませる。

 代かき直後の土壌は、苗を植えるには軟らかすぎるといい、ほどよい状態にするため、4~7日は置く。同地区でも6月2日には山田錦の田植えを始め、米作りは新たな段階へと移る。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(8月1日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 36℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ