三木

  • 印刷
おもちゃを修理する「みきおもちゃ病院」事務長の森本秀明さん=三木市鳥町
拡大
おもちゃを修理する「みきおもちゃ病院」事務長の森本秀明さん=三木市鳥町

 ボランティアが壊れたおもちゃを修理する「みきおもちゃ病院」が7月3日、市民活動センター(兵庫県三木市末広1)で約1年半ぶりに開院する。これまでに約2千点を“治療”し、おもちゃの持ち主の思い出に寄り添ってきた。メンバーは新型コロナウイルス対策など、再始動に向けて準備を進めている。(長沢伸一)

 「みきおもちゃ病院」は、2013年1月に開設。12年に市などのセカンドライフ応援講座で開かれた「おもちゃドクター養成塾」の受講生ら19人が結成した。毎月第1、第3土曜に同センターで開院していた。

 両親の遺品のオルゴール、子どもが大事に使ってきたプラレールなど持ち込まれるおもちゃはさまざま。修理は基本的に担当が受け持つが、時には直し方や部品のアイデアをメンバーで出し合うこともある。

 事務長を務める森本秀明さん(68)=同市=は、市の清掃センターで30年以上勤務し、大量のおもちゃが埋め立てられている姿を見てきた。「まだ使える。もったいない」と感じ、同講座を受け、おもちゃ病院の創設時から活動している。

 電気工事の仕事を10年していた経験もあり、「配線関係の修理で経験が役立っている。泣いておもちゃを持ってきた子どもが笑顔になるのがうれしい」と話す。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で昨年3月以降、活動は休止となり、会場の市民活動センターには開院を待ち望む人から「まだですか?」と、問い合わせの電話もかかってきたという。

 再開に当たって、新たに紫外線でおもちゃの滅菌を行う機械を導入したり、会場にアクリル板を置いたりして、感染防止策を徹底する。1年半の休業で3人メンバーが減り、10人での再出発となった。院長の本郷和孝さん(77)=同市=は「待ってくれている人がいる。その思いに応えたい」と力を込める。

 受け付けは午前10時~正午。今後、第1、第3土曜に開院する。無料(部品交換の場合は実費必要)。ボランタリー活動プラザみきTEL0794・83・0090

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ