三木

  • 印刷
「三木凧の会」のメンバー(中央)からたこを受け取った選手ら=県立三木総合防災公園(県教育委員会提供)
拡大
「三木凧の会」のメンバー(中央)からたこを受け取った選手ら=県立三木総合防災公園(県教育委員会提供)
たこひもを操り、たこ揚げを楽しむ選手=県立三木総合防災公園(県教育委員会提供)
拡大
たこひもを操り、たこ揚げを楽しむ選手=県立三木総合防災公園(県教育委員会提供)

 兵庫県三木市内のたこ愛好家らでつくる「三木凧の会」が30日、県立三木総合防災公園(同市志染町三津田)陸上競技場を訪れ、東京五輪に向けて合宿に取り組むフランス陸上競技チームにたこを贈った。選手らは早速、競技場内でたこ揚げに挑戦し、夏の空に赤地のたこが舞い上がった。

 三木市は、フランス陸上競技チームのホストタウンとして登録され、2019年にも同チームが合宿を実施。同会によるたこのプレゼントは同年に続いて2回目となる。

 この日、三木凧の会の藤田善信会長らがたこを持参し、5人の選手が受け取った。赤地に「福笑」と大きく書かれたたこには、フランスと日本の国旗もあしらい、女子400メートルリレーのエバ・べルジェ選手は「とてもきれいです」と感動。芝生でたこ揚げを楽しみ、県教育委員会の担当者も「ひとときの息抜きになったようだ」と目を細めた。

 藤田会長は「誰よりもフランス代表選手を応援している。本番でも頑張ってほしい」と話し、男子三段跳びのジャン・マルク・ポントビアンヌ選手は「まずは予選を突破できるように頑張りたい」と答えた。(篠原拓真)

【特集ページ】東京五輪2020

三木五輪兵庫5五輪兵庫6五輪兵庫声援3
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ