三木

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県に「まん延防止等重点措置」が適用され、三木市は2日、公共施設や社会教育施設などの利用時間を原則、午後9時までとすることを決めた。期間は3日から31日まで。今後の感染者の状況により変更する可能性もあるという。

 市は県の感染リバウンド防止対策の延長に伴い、1日から、公共施設や社会教育施設の利用時間を午後9時半までにしており、さらに30分前倒しした。

 三木山総合公園(三木市福井)は屋内施設、吉川総合公園(同市吉川町西奥)は屋内・屋外施設ともに利用時間を午後9時までに短縮する。市の担当者は「今後、感染拡大も懸念される。不要不急の外出を避けるなど感染対策に留意を」と話している。

 北播磨地域の他市町でも公共施設の利用条件が変更され、西脇市では「茜が丘複合施設みらいえ」内のこどもプラザの利用を、県内から市内在住者に制限。多可町では町内すべての公共施設について、利用時間を午後9時までとした。

 小野市も2日までに、市内公共施設の開館時間を最長午後9時までとすることを決めた。いずれも期間は31日まで。

 また、まん延防止等重点措置に伴い、北播磨地域の飲食店の酒類提供は午後8時まで、営業は同9時までとなる。

(まとめ・長沢伸一)

三木新型コロナ
三木の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ