三木

  • 印刷
耐震工事を終え、リニューアルした御坂サイフォン橋=三木市志染町御坂
拡大
耐震工事を終え、リニューアルした御坂サイフォン橋=三木市志染町御坂

 兵庫県三木市志染町御坂の御坂サイフォン橋の耐震工事が終了し、リニューアルした。志染地域の農水路として活用される同橋は2連アーチの姿から「眼鏡橋」の愛称で親しまれる。真新しいコンクリート製の橋脚が水面に映え、観光名所としての期待が高まる。(長沢伸一)

 御坂サイフォン橋は、淡河川山田川疎水の農業用水を神戸市や加古川市、稲美町の農地へ運ぶために1891(明治24)年に初代の石造橋が完成した。日本最初のサイホン(噴水管)橋だった。約60年後、約2メートル下流に鉄筋コンクリート造りの2代目アーチ橋が設けられ、現在も三木市の志染町地域などの農地に水を送っている。

 今回の工事は、2代目の耐震性強化を目的に、東播用水二期農業水利事業所が昨年8月~今年6月にかけて実施した。橋脚を太くして補強し、新たにコンクリートを施した。

 水の管理をしている東播用水土地改良区の担当者は「100年先まで残るように強化した。今後も現役の水路として活躍してもらい、さらなる観光名所化にも力を入れていきたい」と話した。

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ