三木

  • 印刷
集まった衣服を段ボールに詰める生徒ら=三木北高校
拡大
集まった衣服を段ボールに詰める生徒ら=三木北高校
集まった衣服を段ボールに詰める生徒ら=三木北高校
拡大
集まった衣服を段ボールに詰める生徒ら=三木北高校

 難民の子どもたちに届けるため、不要になった衣料品の回収に取り組んでいた三木北高校(兵庫県三木市志染町青山6)の生徒が25日、集まった子ども服を箱詰めした。今月19日までに5820枚、段ボール49箱分が寄せられ、生徒たちは「みなさんに感謝したい。(途上国で)有効に使ってもらいたい」と願った。

 活動は衣料品店「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリング社と国連難民高等弁務官事務所が実施。三木北高は2016年度から参加している。同校の3年生34人がポスターや回収箱を手作りし、今月4日に青山公民館や小学校などに設置していた。

 集まった服の中には郵送で届いたものもあったという。生徒らは「160センチ以下」「汚れている」などに分類した上で段ボール箱に詰めていき、この日は最後の1箱も詰め終えた。

 同校玄関付近には、運び出した段ボールがずらりと並び、女子生徒(18)は「結構、集まった」と笑顔。自身も子ども服を寄付した女子生徒(17)は「回収箱から服があふれることもあった」と市民の協力に感謝した。(篠原拓真)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ