三木

  • 印刷
別所、羽柴の両軍入り乱れて激しいチャンバラ合戦が展開された=三木市上の丸町、上の丸公園
拡大
別所、羽柴の両軍入り乱れて激しいチャンバラ合戦が展開された=三木市上の丸町、上の丸公園
専用の写真合成アプリで制作した参加者と市内名所の合成写真
拡大
専用の写真合成アプリで制作した参加者と市内名所の合成写真

 戦国時代の三木合戦の舞台となった三木城跡にある上の丸公園(兵庫県三木市上の丸町)で18日、きらびやかな羽織を着た武者たちのチャンバラ合戦があった。地元の学生や生徒ら15人が参加し、約400年前と同じく羽柴秀吉勢と別所長治勢に分かれて勝負。激しい攻防の末、城は史実通り羽柴勢の手に落ちた。(長沢伸一)

 三木市が体験型観光の実証実験として初めて開いた。昨年度、市職員やまちづくりに関わる地域団体などで地域資源の活用を考えるワーキンググループを結成。同グループや高校生らの意見を募る「三木若者ミーティング」での議論を通して、歴史講演会▽武将体験▽戦(チャンバラ)体験-を行うイベントを企画した。

 この日は「三木城冬の陣」として実施。三木市内の県立高と神戸星城高の生徒、関西国際大、関西学院大の学生らが参加した。

 まず、みき歴史資料館で同館の金松誠係長が三木合戦について講演。その後、三木甲冑(かっちゅう)倶楽部の協力で参加者は武者姿に変身し、記念撮影に臨んだ。その後、専用の写真合成アプリで市内名所との合成写真を作って楽しんだ。

 続いて、上の丸公園まで武者行列で移動し、チャンバラ合戦などを行った。

 ほら貝を合図に、15人の武者たちが縦8メートル横12・5メートルに設定された合戦場を駆け回り、スポンジ製の刀を手に激しい打ち合いを展開。激戦の結果、野戦と攻城戦のいずれも羽柴勢が勝利を収め、三木城は「落城」した。

 参加した神戸星城高3年の女子生徒(18)は「動くのが精いっぱい。昔の人はこんな格好で動いていたんだと気持ちが分かった」と笑顔だった。

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ