三木

  • 印刷
トンボを製作した小野工業高金属工業科の生徒=小野市片山町
拡大
トンボを製作した小野工業高金属工業科の生徒=小野市片山町

 小野工業高校金属工業科(兵庫県小野市片山町)の3年生40人が、グラウンド整備で使用する木製の「トンボ」を40本製作した。2021年度の実習授業を利用し、長さ1メートル50センチ、幅50センチの使いやすいトンボを完成させた。市内4中学校に10本ずつ配る予定で、市内出身の生徒は「母校に貢献できるのがうれしい」と語る。

 同科では、同校のグラウンド整備に役立ててもらおうと、3年生の実習「木工」で毎年トンボを製作。今回は地元中学校への贈呈を目的に、昨年4月から授業に取り組んできた。

 毎週金曜日の5、6時間目を使って木材を加工。地面をならす部分と柄をつなぐ、斜めの部品の角度やすり合わせに苦労しながら、簡単には壊れない丈夫なトンボを作った。

 小野中出身の男子生徒(18)は、柄をかんなややすりで丁寧に丸く整え、生徒が持ちやすいように工夫した。「思ったより大変だったが、使いやすいトンボができたのでは」と満足そう。別の男子生徒(17)は河合中出身。強度を維持するため、2~3人で協力し、木材を組み合わせた。「サッカー部に所属していたので、母校の後輩にどんどん使ってほしい」と話していた。(杉山雅崇)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ