三木

  • 印刷
がん患者アピアランスサポート事業のチラシ
拡大
がん患者アピアランスサポート事業のチラシ

 兵庫県三木市はがん患者を対象に医療用ウィッグや人工乳房などの購入費用を助成する「がん患者アピアランスサポート事業」を始めた。1人最大10万円まで支援する。

 三木市に住民登録があり、2022年4月1日以降に補正具を購入した人が対象。前年の所得が400万円未満(1~5月申請の場合は前々年)の所得制限を設けている。助成上限額は医療用ウィッグが5万円、補正下着1万円、人工乳房5万円まで。補正下着と人工乳房の助成はいずれかのみ。補正下着は上限額までなら枚数制限はない。

 市健康増進課によると、医療用ウィッグには約30万円かかるものがあり、人工乳房も本人に合わせたオーダーメード品は3万~5万円ほどの費用が必要という。放射線治療などで髪が抜けるがん患者は多く、市には「仕事復帰の時や趣味で外出する時にほしい」との要望があった。県の補助を活用し、4月からサポート事業を開始している。

 市健康増進課の担当者は「自分が対象になるかどうか相談を。がん患者の外出機会の後押しになれば」と話している。同課TEL0794・86・0900

(長沢伸一)

三木
三木の最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ