連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

六甲山系豪雨災害

  • 印刷
活動を総括する実行委員会のメンバー=神戸市中央区、兵庫県民会館
拡大
活動を総括する実行委員会のメンバー=神戸市中央区、兵庫県民会館

 豪雨による土砂災害で、兵庫県内に98人の犠牲を出した「昭和42(1967)年7月豪雨」から50年に関連するイベントなどを開催してきた実行委員会が29日、総括する会議を開いた。イベントのために収集した資料を保存し、防災の勉強会などに使えるよう公開を進めることなどを決めた。

 豪雨は、神戸市内で24時間に最大319・4ミリの雨量を計測し、同市や阪神間で土砂災害や河川の洪水氾濫が多発。市街地でも水があふれた。

 実行委員会は、神戸大や同市、神戸新聞社などでつくり、9回の関連イベントには約1万3千人が参加した。

 会議では、8月の「六甲山の災害展」で、土砂災害発生の仕組みを説明する模型が「理解に役立った」と評価する声や、実際に豪雨災害を体験した人の話を聞き「経験者が語ることの必要性を感じた」といった意見が寄せられたことが報告された。今後も情報共有するため、年に1回会議を継続することも決まった。

 実行委員長の沖村孝・神戸大名誉教授は「イベント開催に当たって50年前の資料の収集に苦労した。今年土砂災害があった福岡県朝倉市などの被災地には、早めの記録と防災のために保存を促したい」と話した。

(阪口真平)

2017/11/30

天気(5月11日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ