連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ソラノメ

  • 印刷

動画一覧へ
建屋が撤去され、基礎部分が階段のように残る。そばの斜面にあるインクラインのレールで各フロアに人や物を運んだ(小型無人機より撮影)=朝来市佐嚢
建屋が撤去され、基礎部分が階段のように残る。そばの斜面にあるインクラインのレールで各フロアに人や物を運んだ(小型無人機より撮影)=朝来市佐嚢

 古代の遺跡か、それとも城塞か-。山の斜面に沿って広がる神子畑(みこばた)選鉱場跡(朝来市佐嚢(さのう))。「東洋一」の選鉱場とうたわれた巨大施設は日本の近代化を支え、遺構となった今も、山あいの里でひときわ威容を誇っている。

 鉱石は6・4キロ離れた明延鉱山(養父市)から運び込まれる。75メートルの高低差を生かし、スズや銅、亜鉛などに選別していく。24時間稼働し続け、夜中でも煌々(こうこう)と明かりがともる様子は「不夜城」と称されたという。

2018/11/28

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ