連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ソラノメ

  • 印刷

動画一覧へ
長さ90メートルの閘室を通過して大阪湾へ向かう砂利運搬船。交通量の多い日は2基の閘門がフル稼働する(小型無人機で撮影)=尼崎市西海岸町
長さ90メートルの閘室を通過して大阪湾へ向かう砂利運搬船。交通量の多い日は2基の閘門がフル稼働する(小型無人機で撮影)=尼崎市西海岸町

 水面に突き立つ巨大な鉄扉が重々しく開く。「発進!」。エンジン音も高らかに砂利運搬船が滑り出る。

 工場が立ち並ぶ兵庫県尼崎市の臨海地域。陸地が海面よりも低い海抜ゼロメートル地帯でもあり、船の行き来には、水位を調節する閘門(こうもん)が欠かせない。尼崎閘門、通称「尼ロック」。工都であり、水都である尼崎を象徴する施設だ。

2019/3/27

天気(5月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ