神戸

  • 印刷
ぎょろっとした目と受け口のパイユ=神戸市須磨区若宮町1、須磨海浜水族園(撮影・秋山亮太)
拡大
ぎょろっとした目と受け口のパイユ=神戸市須磨区若宮町1、須磨海浜水族園(撮影・秋山亮太)

 神戸市須磨区の須磨海浜水族園、スマスイ言うんやけど、ワシはそこの「世界のさかな館」に住んどる。鼻が長い淡水魚「ロングノーズガー」じゃ。生まれも育ちもスマスイ。1977年生まれじゃから…今は43歳。誕生日は3月1日で、もうすぐ44歳になる。人間やったら働き盛りやけど超高齢魚なんじゃ。2014年から世界最高齢の記録を更新し続けとる。なんで今回ワシが出てきたかっていうとな、今のままのスマスイが2月末で終わるんじゃ。本館だけは2年後の5月までやねんけど、イルカライブ館やラッコ館、レストラン、ワシが住んどる世界のさかな館とか、東側にある15施設を取り壊して新しく整備するんじゃて。さびしいのぅ。

     ◇     ◇

■マニアックな展示。見た目は地味やけどな

 最初に紹介するのは、みんな大好き「イルカライブ館」……と思ったじゃろ。

 残念。ワシが暮らしとる「世界のさかな館」の話をまずはさせてもらうぞ。

 聞いたことない?

 そうなんじゃ。ババさん(馬場宏治・飼育支配人)も言うとった。「全然人気ないわ。存在すら気付かれてない」って。20年来の付き合いやけど、辛口じゃ。

 さかなライブ劇場の横にひっそり建っとる。静かなのがええところなんじゃがのぅ。

 実は、本来のスマスイらしさはここにあるんじゃぞ。名前のとおり、世界中の代表的な魚がおる。中国のパイユ、オーストラリアの肺魚ネオセラトダス、中央アフリカのシクリッド……。

 ワシは北米。須磨水族館やった頃(1957~87年)、国際港都・神戸にふさわしく、キャッチフレーズは「世界中の魚が見られる水族館」だったんじゃ。

 だから、伝統を引き継いだのが、ここっちゅうわけ。

 個性派そろいじゃった当時の職員たちの名残もあるぞ。昔は仕事終わりとかに、自分で勝手にテーマ決めて調査や研究をしとった。誰に言われたわけじゃなく、ただ好きでな。

 成果を見せたい一心で展示もマニアックになったんじゃ。希少淡水魚とか肺魚とか。見た目はみんな地味やけどな。

 今もその展示が続いとる。最近は「働き方改革」で同じようにはいかんじゃろな。

 そういやババさん、「ゆったり見れるのがウリ」とも言うておったなぁ。

 まあ、そうじゃな。長いこと目が合う少年もおったわ。あの子、いくつになったかのぅ。覚えてくれとるじゃろか。(小谷千穂)

【バックナンバー】

(1)まずは自己紹介

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ