神戸

  • 印刷
空き店舗が目立つ、中心部の「ショッピングセンター」=神戸市垂水区多聞台2
拡大
空き店舗が目立つ、中心部の「ショッピングセンター」=神戸市垂水区多聞台2
地域住民に親しまれる「坂バス」=神戸市灘区箕岡通4
拡大
地域住民に親しまれる「坂バス」=神戸市灘区箕岡通4

■「オールドニュータウン化」対策 多聞台で団地再生計画

 神戸市垂水区多聞台でまちの話題を取材中、住民と話していると、人口減少によるコミュニティー衰退の話題になった。全国的にニュータウンの「オールドニュータウン化」が問題となっているが、多聞台ではすでに、市営住宅跡地などを活用した再生計画が始まっているという。少子高齢化の波に、住民らがどう向き合っているのかを取材した。(大橋凜太郎)

 多聞台は神戸市などが開発した住宅団地。約45万平方メートルの四方を緑地が囲むなど、豊かな自然が特徴だ。1964年の入居開始から約10年後、人口が7300人を超えてピークを迎えたが、間もなく減少に転じ、現在は4千人を割る。

 少子高齢化も顕著だ。65歳以上の高齢者が人口の40%に迫っているのに対し、14歳以下の年少人口は10%を割る。65年開校の多聞台小学校も、児童数はピーク時の8分の1程度まで減っている。

 人口減少による地域活力の低下は、まちの景観にも表れている。バスロータリーがあるまちの中心部「ショッピングセンター」は空き店舗が目立ち、地域にはスーパーやコンビニもない。地域で暮らす高齢者の不便さも増している。

 このため市は2014年に団地再生協議会を立ち上げ、住民らとまちの課題や将来像について議論。これまでに、民間業者による移動販売などが実現したほか、地域が自主運営するコミュニティーカフェもにぎわいをもたらし始めた。市住跡地では、一戸建て住宅や高齢者福祉施設などの建設も計画されている。

 一方で今後の課題となるのが、再整備後の世代間の交流促進だろう。住民有志らでつくるNPO法人ワトワーズは専門家の指導を仰ぎ、さまざまな世代が集えるよう、チョウを呼び込む庭「バタフライガーデン」を公園内に整備するなどし、コミュニティーの活性化を図っている。理事長の島本信夫さん(74)は「今が多聞台の底だと思う。これから良くなっていく未来しかない」と前を向く。

■坂道多い灘、塩屋で運行「コミバス」  買い物や通院へ気軽に外出

 この春、東京から就職で神戸に来た。市内で取材するうち、「コミュニティバス」(コミバス)という言葉を何度も耳にした。主に公共交通が行き渡らない地域で生活の足を補うため、住民や運行会社、行政が運行するバスで、生まれ育った東京の都心ではあまり聞いたことがなかった。調べてみると、神戸の市街地でも進む高齢化問題が背景にあることも分かってきた。(斎藤 誉、大橋凜太郎)

 灘区を走るコミバス「坂バス」。南はJR灘駅前付近から北は摩耶ケーブルに隣接する場所まで、灘区を南北に縦断する。同区内の婦人会が要望を出したのをきっかけに、2013年4月から本格運行が始まった。

 灘区や運行会社「みなと観光バス」によると、現在の平日の運行本数は往復各42本で、計84本だ。平日の平均利用人数は、初年度は延べ約450人。2年目以降は徐々に増え、新型コロナ流行前は同約550~600人(現在は同約230人)になっていた。利用者は観光客もいるが、やはり高齢の地元住民が目立つという。水道筋商店街の買い物や、周辺のかかりつけ医での診療に使う人が多い。

 週約2回、買い物や通院のため利用する灘区の男性(82)は、高齢のため3年前に運転免許を自主返納しており、「商店街に行くのにずっと使っている。ない生活には戻れない」と話す。

 市内のコミバスは「坂バス」だけではない。21年に本格運行から丸4年を迎えた垂水区塩屋地域のコミバス「しおかぜ」も、地域の交通手段として欠かせない存在になっている。

 塩屋地域も坂が多い上に道が狭く、大型バスの運行が困難。「地域の足」は長年の悲願だった。17年の本格運行開始後は、徐々に利用者が増加。19年には需要の伸びに対応しようと、6人から9人乗りの車両に変更された。21年8月には、累計の利用者が10万人に達している。

 利用する高齢者から話を聞くと、神戸でも高齢化が著しい地域があり、日々の暮らしは市バスなどの公共交通機関だけでは支えきれないと感じた。車がなくてもコミバスなどで気軽に出掛けられれば、歩ける高齢者の引きこもり防止にもつながるのではないだろうか。持続可能な仕組みづくりが求められている。

【バックナンバー】
市こども家庭センター
子育て

神戸選挙神戸市長選特集
神戸の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ