但馬

  • 印刷
大学入学共通テストの開始を待つ受験生=豊岡高
拡大
大学入学共通テストの開始を待つ受験生=豊岡高

 初めての大学入学共通テストが始まった16日、兵庫県但馬地域で会場となった豊岡高校(同県豊岡市京町)では、一部地域を除く受験生約500人が、新型コロナウイルス感染拡大を受けた制約のもとで志望校への第一関門に挑んだ。テストは17日までの2日間行われる。

 今年は午前8時に開門したが、例年、会場周辺へ激励に訪れる教諭や保護者らの姿は見られなかった。マスクを着用した受験生は落ち着いた様子で集まり、同9時半の試験開始を静かに待った。

 教室では机の間を約1メートルずつ空け、受験生を最大36人に減らしたほか、入り口に手指消毒用のアルコール液を置き、試験の合間には換気するなどの対策を取った。国立大学を志望する豊岡高3年の女子生徒(17)は「悔いのないようベストを尽くしたい」と話した。

 初日は地理歴史・公民や国語、外国語の試験があった。降雨や積雪による交通機関の乱れや会場で大きな混乱はなかった。17日は理科と数学の試験を行う。(金海隆至)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 8℃
  • 2℃
  • 30%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

  • 11℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ