但馬

  • 印刷
新調したケースで2月から生洋菓子の陳列状況を映像配信するカフェ「プラージュ」=香美町香住区七日市
拡大
新調したケースで2月から生洋菓子の陳列状況を映像配信するカフェ「プラージュ」=香美町香住区七日市
ケースの生洋菓子を撮影したホームページの画像
拡大
ケースの生洋菓子を撮影したホームページの画像

 兵庫県香美町香住区七日市のカフェ「プラージュ」が2月から、陳列ケースで販売する生洋菓子の映像をホームページ(HP)で生配信し、客が来店せずに選んで注文できる事業「香美甘(あま)チョク」を始める。新型コロナウイルス感染拡大を受け、従業員との接触機会を減らすため、オンライン決済と合わせて導入。同店を併設する旅館「夕香楼しょう和」代表の福田正幸さん(41)は「外出を避けて過ごす時などに活用してもらえたら」と話している。(金海隆至)

 福田さんの妹、好枝さん(39)が店長兼パティシエを務め、食用竹炭を練り込んだ「香炭(かすみ)ロールケーキ」や定番の「温泉仕込みプリン」、季節のケーキなど約20種類の生洋菓子を陳列ケースで販売している。

 客からの「プリンが売り切れていた」「店に行かないと陳列状況を確認できない」といった不満を基に、好枝さんがケースの映像化を発案。高齢者施設の職員が利用者の土産にまとめて購入することもあったことから、正幸さんが「食べたいスイーツを画面で直接選べるように」と構想を練った。

 陳列ケースの上部に置いたカメラ2台で全商品を撮影できるように、3段だったケースを1段に新調し、横幅を2倍の約3メートルに広げた。店のHPに新設した専用サイトから、販売中の種類と数を映像で確認して注文すれば、来店した際には支払いと受け渡しのみで済む。サイトでのカード決済もできる。

 兵庫県が昨夏、コロナ禍で打撃を受けた中小企業を対象に公募した地域企業デジタル活用支援事業に、同町内で唯一認定され、補助金を受けた。事業費は約450万円。客との接触機会減少にとどまらず、スマートフォンをよく使う高校生ら新規顧客も開拓し、売り上げ回復に期待を込めている。

 営業時間は午前9時半~午後6時半。映像配信は午前9時半~午後5時。火曜休み。

 プラージュTEL0796・36・1018

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ