但馬

  • 印刷
通学環境が不便なへき地に県内で唯一存続する余部小学校御崎分校。在籍児童の不在を受け、来年度の休校が決まった=香美町香住区余部
拡大
通学環境が不便なへき地に県内で唯一存続する余部小学校御崎分校。在籍児童の不在を受け、来年度の休校が決まった=香美町香住区余部

 通学環境の不便なへき地の分校として、兵庫県内で唯一存続する香美町立余部小学校御崎(みさき)分校(同町香住区余部)が来年度、在籍児童の不在で休校することが分かった。地元集落には新たな就学対象者がなく、未就学児が0歳の1人しかいないことから、当面は休校が続くとみられる。同町教育委員会は「将来的な再開や統合については、保護者や住民の意見を第一に尊重して考えたい」としている。(金海隆至)

 海沿いの山中にある御崎地区の分校は、1915(大正4)年に設置。集落の児童は1~3年に分校で学んだ後、高学年になると山道を歩いて約4キロ先の麓にある本校へと通ってきた。2001年からは集落と本校を結ぶ町民バスの運行が始まり、利用するようになったという。

 分校は過去にも1992~93年度、2010年度に休校したが、児童数の回復を受けて再開してきた。11年度以降は1~3人が在籍し、20年度は3年の女児1人が教員1人とマンツーマンで過ごしてきた。3月24日には恒例の分校卒業式と併せて、休校式が行われる予定だ。

 少子化が進む中の教育環境のあり方について、町教委は15年度から毎年、小中学校の校区単位で保護者や住民を対象にした「学校版教育環境会議」を開催。学校存続については出席者の3分の2以上が「統合を望む」とアンケートに答えた場合に、総合教育会議で方針を決定するとしている。

 御崎分校の今後について、分校で学んだ卒業生で、昨年秋に集落で誕生した男児の父親(32)は「本校との統合を考えてほしい。再開してもまた子どもが1人では。同級生や多くの人に囲まれ、コミュニケーションを取れる環境で学ばせたい」と話す。

 本校の児童数も同町が発足した05年度の36人から、21人に減少する。町内出生者数の減少などから先細りは必至とみられ、御崎地区自治会長の門浦光吉さん(66)は「住民の大半は統合を望むのでは。今後、気持ちを一つにできるように話し合いたい」と語った。

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ