但馬

  • 印刷
西村松代教育長(中央)から賞状を受けた明星認定こども園の園児たち=新温泉町諸寄
拡大
西村松代教育長(中央)から賞状を受けた明星認定こども園の園児たち=新温泉町諸寄
ハスの花や友人たちを描いた西垣文乃ちゃんの作品
拡大
ハスの花や友人たちを描いた西垣文乃ちゃんの作品
西村松代教育長から表彰状を受ける明星認定こども園の西垣文乃ちゃん=新温泉町諸寄
拡大
西村松代教育長から表彰状を受ける明星認定こども園の西垣文乃ちゃん=新温泉町諸寄

 兵庫県新温泉町諸寄の明星認定こども園がこのほど、国内で最も伝統ある子どもの絵の公募展「全国教育美術展」で、地区学校賞の「兵庫県教育委員会賞」を初めて受賞した。幼稚園や小中学校など約2200施設から約9万7千点が出品される中、園児の多数が特選や入選、佳作に選ばれたことなどが評価された。24日には町教育委員会の西村松代教育長が訪れ、園児たちに賞状を手渡した。(末吉佳希)

 同展は、財団法人の教育美術振興会(東京)が教育現場での美術振興などを目的に毎年開く。全国学校賞に続く地区学校賞は、都道府県別に幼稚園、小学校、中学校の各1校、全体で約140校に贈られる。

 同園では四季や行事を通じた絵画の制作が盛んで、数年前からは近くのJR諸寄駅の待合室で園児の作品を展示。春はサクラ、夏は海や漁船など季節ごとに内容を入れ替え、現在は園児らが食べたという松葉ガニの絵が飾られている。

 全国教育美術展には、年中と年長クラスが毎年応募している。今回は計33人のうち10人が入選、5人が佳作に選ばれた。入選の中でも年長の西垣文乃ちゃん(6)が同園に隣接する龍満寺境内の鉢で開いたハスの花や、周りを羽ばたくチョウ、ハチなどを描写した作品で特選に選ばれた。

 文乃ちゃんはオイルパステルや絵の具を使い分け、「葉っぱと花をいろいろな色で塗った」と作品の見どころを話し「賞がもらえてもっと絵が好きになった」と満面の笑みを見せた。

 小西千代子園長は「(受賞は)園の大きな励みになる。これからも絵画を通じてたくさんのことを学んでほしい」と話した。

 文乃ちゃんの作品は3月27日~4月8日、神戸市のNHK神戸放送局で展示される。

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ