但馬

時計2021/4/26 12:25神戸新聞NEXT

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 豊岡市で約80人の若者が新生活を始めている。今春開学した芸術文化観光専門職大学の新入生たちだ。

 「演劇のまち」づくりを進める同市で、演劇やダンスを本格的に学べる初の国公立大に通うため、高倍率の入学試験を勝ち抜いて全国からやってきた。

 その豊岡の市長が突然、「演劇のまちはいらない」と宣言したら、学生たちはどう思うだろうか。

 今回の豊岡市長選では、市が進める「演劇のまち」づくりの是非を争点に、新人と現職が論争を展開した。率直に行政が施策を継続する重要性を思った。

 旧豊岡市時代を含めて5期20年を務めた市長の後を引き継ぐ新市長。どの施策を引き継ぎ、何を止めるのか-。一つ一つの判断には大きな責任が伴う。

 選挙戦では、現職の批判に終始し、公約に掲げた子どもの医療費無料化など以外に、先を見据えたビジョンは示されなかったように思う。候補者から市長となるに当たり、自身が思い描く市の将来像の提示を期待したい。(石川 翠)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ