但馬

  • 印刷
奈佐小の閉校記念式典で「ふるさと」を熱唱する元在校生たち=豊岡市吉井
拡大
奈佐小の閉校記念式典で「ふるさと」を熱唱する元在校生たち=豊岡市吉井

 4月に兵庫県豊岡市中陰の五荘小学校と統合した奈佐小学校(同市吉井)で2日、閉校記念式典が開かれた。奈佐地区の住民や3月まで通学した児童、保護者ら約120人が出席し、148年の歴史を刻んだ学びやに改めて別れを告げた。

 奈佐小は1873(明治6)年の創立。少子化に伴い児童が急激に減り、複式学級が増えたため、住民の要望を受けて同市教委が2019年に五荘小との統合を決定した。旧校舎などの跡地については同地区が保存を要望し、3年間は維持経費を負担した上で使用することが可能という。

 式典は住民でつくる統合準備委員会が主催した。五荘小金管バンドによる演奏で開幕し、昨年度の奈佐小在校生らが校歌を斉唱。歴代校長が登壇して思い出を語り合うなどした。元在校生27人を代表して五荘小6年の太田暁君(11)は「今では新しい学校での生活やバス通学にも慣れてきた。多くの卒業生や地域の方々の思い出が詰まった奈佐小に通ったことを誇りに思う」とあいさつした。

 奈佐小最後のPTA会長を務めた岡下進さん(43)は「奈佐ではぐくんだ、たくましさと人懐っこさでたくさんの友達をつくって」とエールを送った。(金海隆至)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ