但馬

  • 印刷
人形劇団クラルテの演目を鑑賞する親子たち=豊岡市民プラザ
拡大
人形劇団クラルテの演目を鑑賞する親子たち=豊岡市民プラザ

 「こどもえんげきまつり」が28、29の両日、兵庫県の豊岡市民プラザ(同市大手町)で開かれた。大阪市の人形劇団クラルテや影絵音楽団くぷくぷなど4団体が出演。地元を中心に家族連れら約200人が訪れ、人形劇や紙芝居など多彩なステージに引き込まれていた。

 舞台芸術の鑑賞を通じて子どもたちに豊かな感情を育んでもらおうと、同市と市民プラザを運営するNPO法人プラッツが毎年主催している。

 0~3歳児と保護者を対象にした「あかちゃん劇場」では、クラルテの人形劇役者、西村和子さん(81)が幼児向けの2演目を熱演した。「モンモとバンボはいつもいっしょ」は、小さなモンモが突然いなくなったバンボを必死で捜し、無事に再会を果たす物語。「抱っこ、抱っこ、ぎゅっ」という明るいせりふに合わせて2体がハグする場面では、会場の親子もつられて抱き合い、大きな喜びや安心感に包まれていた。

 豊岡市の女児(2)は、父親(34)と一緒に訪れ、「楽しかった。また来たい」と何度も繰り返していた。(金海隆至)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 10%

  • 17℃
  • 12℃
  • 50%

  • 19℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

お知らせ