但馬

  • 印刷
加陽水辺公園に飛来したアサギマダラ=豊岡市加陽
拡大
加陽水辺公園に飛来したアサギマダラ=豊岡市加陽
フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ=豊岡市加陽
拡大
フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ=豊岡市加陽
フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ=豊岡市加陽
拡大
フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ=豊岡市加陽
フジバカマ=豊岡市加陽
拡大
フジバカマ=豊岡市加陽

 「旅するチョウ」として知られるアサギマダラが、今年も兵庫県豊岡市加陽の加陽水辺公園に飛来した。同公園では、「秋の七草」の一つで、アサギマダラが好む植物フジバカマが満開を迎えており、周囲を飛び交い盛んに蜜を吸う様子が見られる。10月2日には、現地で「秋の観察会」が開催される。(阿部江利)

 アサギマダラは体長5~6センチで、黒や茶色の縁取りがある浅黄色の美しい羽を持つ。夏には涼しい地域へ北上し、秋には南西諸島など暖かい地域に向けて南下するのが特徴で、移動の途中にフジバカマの咲く地域に立ち寄る姿が見られる。

 市から同公園の管理委託を受ける「コミュニティなかすじ」の加陽水辺公園部会によると、フジバカマは元々、円山川と奈佐川の合流点付近に自生していたが、護岸工事から守るために移植されたもの。2018年からは同湿地などで住民らが保護の取り組みを始め、昨年は100株を湿地に移植。有志らによる「フジバカマを育む会」も発足し、今年も500株を新たに植えて増やしている。

 今年は9月上旬からチョウの目撃情報が寄せられ始め、同部会でも9月中旬に飛来を確認。上坂孝一部長(67)は「円山川水系でのフジバカマの生育地は中筋地区だけ。日によって差はあるが、優雅に舞う姿が見られる」と話す。

 観察会は同部会などが主催。10月2日午前10時からで、加陽水辺公園交流館に集合。専門家ら3人が、アサギマダラやフジバカマの生態、香りなどについて解説する。無料。同交流館TEL0796・21・9119

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ