但馬

  • 印刷
円山川の河川敷に咲くヒガンバナ=豊岡市立野
拡大
円山川の河川敷に咲くヒガンバナ=豊岡市立野
円山川の河川敷に咲くヒガンバナ=豊岡市立野
拡大
円山川の河川敷に咲くヒガンバナ=豊岡市立野

 兵庫県豊岡市立野町の健康増進施設「ウェルストーク豊岡」東側の円山川河川敷で、ヒガンバナが見頃を迎えた。約100メートルにわたって土手を鮮やかな赤色で彩り、近くでウオーキングやジョギングを楽しむ市民らに秋の訪れを告げている。

 ヒガンバナ科の多年草。9月の彼岸ごろ、路肩や田んぼのあぜなどに燃えるような赤い花を咲かせる。茎は有毒だがでんぷんも含むため、飢饉の時には毒を抜いて食用にしたとも伝えられている。

 豊岡河川国道事務所によると、周辺の河川敷では例年、一斉に咲き誇り、住民らも開花を楽しみにしているという。風に揺れるかれんな花は、緑色の草のじゅうたんの上に描かれた赤い模様のようで美しい。(竜門和諒)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ