但馬

  • 印刷
力強い舞を披露する訓谷若手会のメンバーたち=沖野神社
拡大
力強い舞を披露する訓谷若手会のメンバーたち=沖野神社
大人用の衣装は今年から新たにそろえた=沖野神社
拡大
大人用の衣装は今年から新たにそろえた=沖野神社

 秋の風物詩として地元で親しまれている兵庫県指定重要無形文化財の伝統芸能「香美町の三番叟(さんばそう)」の先陣を切って2日、訓谷三番叟が沖野神社(同町香住区訓谷)で奉納された。例年は地元の小中学生が約1カ月の稽古を経て舞台に上がるが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、代わりにベテランたちが力強い舞で地域の無病息災や天下太平を祈願した。(末吉佳希)

 三番叟は室町時代に大地を踏み固める厄よけの祈りとして始まったとされ、同町内では香住区の6地区と小代区新屋で伝承されている。しかし、新型コロナウイルスの影響で開催を断念するところもあり、昨年は3地区、今年は2地区のみの開催となった。

 同神社では今年、芸の継承に努める訓谷若手会が中心となって9月下旬から準備を開始。子ども用の衣装しかなかったが、新たに大人用もそろえ、「踏子(ふみこ)」と呼ばれる舞い手は緑や青色の新しい着物を着付けた。

 露払いの「千歳(せんざい)」は原弘一さん(44)、長老の「翁(おきな)」は亀村将人さん(44)、青壮年の「黒木尉(くろきじょう)」は黒崎泰之さん(52)が担当。3人は笛や太鼓、拍子木の演奏や歌に合わせて床を踏み鳴らし、見守る住民らから拍手を浴びていた。

 黒崎さんは約40年ぶりの大舞台を終え「普段子どもたちに教えていることだが、いざ自分でやるとかなりきつかった」と汗を拭った。若手会の会長を務める山下暢嗣さん(48)は「代々受け継がれてきた大切な文化を柔軟なスタイルで残せていけたら」と話していた。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

  • 12℃
  • 9℃
  • 70%

お知らせ