但馬

  • 印刷
健やかな成長を願い、子どもの頭をかむ麒麟獅子=新温泉町和田
拡大
健やかな成長を願い、子どもの頭をかむ麒麟獅子=新温泉町和田

 兵庫県指定の無形民俗文化財「和田麒麟(きりん)獅子舞」が3日、新温泉町の和田地区であった。赤や白の衣装をまとった舞い手らが地区内の23戸を巡り、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)などを願った。

 麒麟獅子舞は鳥取県東部や新温泉、香美両町に伝わる伝統芸能。和田地区では住民らが保存会を結成して守り伝え、例年の秋祭りに合わせて披露する。

 午前10時半、保存会の会員約15人が同神社で舞を奉納した後、地区内を巡る「門付(かどづ)け」がスタート。赤い面を着けた先導役の「猩々(しょうじょう)」が各家の軒先に入って後に続く一行を呼び込むと、笛や太鼓、「ジャンジャン」と呼ばれる銅拍子の音色が鳴り響き、そのリズムに合わせて、獅子が胴体をうねらせたり、大きな弧を描くように首を上下左右に動かしたりして軽やかな舞を披露した。

 獅子に子どもの頭をかんでもらうと健康に育つといわれ、験担ぎで出迎える親子も。かまれた女児(5)は「初めは怖かったけど、口の中にお父さんの顔が見えてうれしかった」と笑顔で話していた。(末吉佳希)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ