但馬

  • 印刷
シーズン中の安全などを祈願した冬山開き=氷ノ山国際スキー場
拡大
シーズン中の安全などを祈願した冬山開き=氷ノ山国際スキー場

 氷ノ山国際スキー場(兵庫県養父市奈良尾)で3日、冬山開きが行われた。関係者ら約40人が出席し、滑走に十分な積雪と利用者の安全などを祈願した。オープンは25日の予定。

 県内最高峰の氷ノ山中腹にある同スキー場は、指定管理者としてMEリゾート但馬(同市丹戸)が運営。2019年度は雪不足で大幅に入場者が減ったが、昨年度は新型コロナウイルス禍の中で、3万1408人と平年並みを維持した。

 スキー場のロッジは標高約770メートルで、午前11時の気温は4度。3センチの積雪があり、ゲレンデはうっすらと雪化粧された。

 冬山開きには、同社や市、警察、消防の関係者が参加。同社代表取締役の一ノ本智毅さん(30)は「シーズン到来で身が引き締まる思い。長期予報では積雪は平年より多いという。いいシーズンにしたい」とあいさつした。(桑名良典)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ