但馬

  • 印刷
かに読本を製作した新温泉町観光振興協議会の朝野泰昌会長(右)と沼田宏一副会長=新温泉町芦屋
拡大
かに読本を製作した新温泉町観光振興協議会の朝野泰昌会長(右)と沼田宏一副会長=新温泉町芦屋

 日本海の冬の味覚、ズワイガニの魅力をPRしようと、兵庫県新温泉町観光振興協議会は、同町産松葉ガニ(ズワイガニ雄)やセコガニ(雌)の魅力などをまとめた「かに読本」を製作した。おいしい食べ方に加え、カニ漁の現場や漁師のこだわりなども紹介。町内の旅館や民宿、漁協などに配る。同協議会の朝野泰昌会長は「観光客にカニをもっと理解してもらえるきっかけになれば」と話している。(末吉佳希)

 新型コロナウイルス禍で停滞する観光業の活性化を目指し、浜坂漁協や浜坂観光協会が認定するカニの専門家「かにソムリエ」らが撮影や情報提供に協力した。

 最初に、漁港まで生きたまま持ち帰る漁船の水槽設備や、118以上もの銘柄に分ける選別のプロ「選(よ)り子」、安定供給を可能にする中・大型船など産地を支える漁師たちのこだわりやプライドを紹介。

 「味わいの極意」のコーナーには、カニ刺しやゆでガニ、鍋、カニみそ甲羅焼きなどの写真を掲載。かにソムリエたちが「カニみそに身を絡めて食べると美味。甲羅に地酒を注ぐと風味が抜群♪」などと、顔写真付きでコメントしている。

 また、観光客になじみが薄いセコガニについては「番外編」で食べ方を説明。甲羅の外し方や身を取り出しやすい関節の折り方など九つの手順を紹介した。

 今後はホタルイカやハタハタ、但馬牛など同町が誇る食の魅力をシリーズとして製作することも検討。朝野会長は「町全体のことが分かるような読み物に成長させたい」と力を込める。

 A4判12ページで4千部を発行。ウェブサイトでの公開も予定する。観光名所や日帰り入浴施設の紹介、観光協会や漁協などにアクセスできるQRコードなども載せた。かに読本制作委員会(事務局・浜坂観光協会)TEL0796・82・4580

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ