但馬

  • 印刷
力強い姿の寅の置物=豊岡市出石町内町、永澤兄弟製陶所
拡大
力強い姿の寅の置物=豊岡市出石町内町、永澤兄弟製陶所

 国の伝統的工芸品に指定されている白磁器「出石焼」の産地で知られる兵庫県豊岡市出石町内町の永澤兄弟製陶所で、来年の干支(えと)「寅(とら)」の置物が製作された。四つんばいで足を踏ん張り、にらみを利かせた力強いデザインとなっている。

 明治時代から続く同製陶所では今回、約千個の寅を作った。前回の寅年の置物は、前脚を立てて座っている姿だったが、同じ干支でも見て楽しんでもらおうと、デザインを変えているのも特徴の一つ。

 デザインは4月ごろから考案。液状の粘土を石こうの型に流し込んで成形し、乾燥させる。約800度で素焼きをした後、釉薬(ゆうやく)で表面をコーティングし、1270度で本焼き。完成品は、「雪よりも白い」といわれる本来の色を生かし、ホワイトタイガーとした。

 同製陶所の5代目永澤仁代表は「先の見えない、しんどいコロナ禍の時代。それでも、足を踏ん張って耐えつつ、少しでも前を向いて歩いて行く、新しい、いい年になるように思いを込めました」と話した。(丸山桃奈)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ