但馬

  • 印刷
三味線の音に合わせて言葉を掛け合う法花寺万歳保存会のメンバー=豊岡市立コウノトリ文化館
拡大
三味線の音に合わせて言葉を掛け合う法花寺万歳保存会のメンバー=豊岡市立コウノトリ文化館

 兵庫県豊岡市法花寺(ほっけいじ)地区に伝わる民俗芸能の祝福芸「法花寺万歳」が3日、豊岡市立コウノトリ文化館(同市祥雲寺)で披露された。住民ら約40人が三味線の音色とともに言葉の掛け合いを見て楽しんだ。

 同万歳は、現在の漫才の起源とされ、江戸時代後期に京都で奉公していた村人が習い覚えて、帰郷後に広めたのが始まりと伝えられる。1972年に住民らが保存会を発足し、同館では新年の特別開館に合わせて毎年披露している。

 養蚕と五穀の繁盛、子孫繁栄などを願う「蚕祈祷(ぎとう)」と「門入り」を上演。鶴が描かれた伝統衣装の素袍(すおう)をまとった太夫役が扇子を振り、大黒頭巾に黄色の裁着袴(たっつけばかま)を着た才若役が鼓をたたいて、2人で踊りながら言葉を掛け合った。

 太夫役を務めた藤原求会長(56)は「舞って、ようやく新年を迎えられた。コロナ禍ではあるが、いい1年になるように思いを込めて披露した」と話した。(丸山桃奈)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ