但馬

  • 印刷
河合美智子さん撮影
拡大
河合美智子さん撮影

 兵庫県の但馬に移住して3年半。今はマンションに住んでいるが、昨年春、豊岡某所の古民家を手に入れた。出石の永楽館と同い年、築120年の物件だ。出来るところはなるべく自分たちで(ほとんど主人が、だが)少しずつ直そうと思っているので、住めるようになるのは1年先か、2年先か。

 その古民家の前に素晴らしい枝ぶりの、それはもう立派な桜がある。地区の桜だが、家の真正面にあるのだ。内見した時、ちょうど満開だった。購入の決め手になったのは間違いない。

 先日、友人たちを招いて新居(仮)で花見をしたのだが、そこで「但馬の人は花見をしない」という話になった。そういえば、桜の下でレジャーシートを広げている人をあまり見たことがない。あったとしても、例えばニュースでよく見た東京の上野公園の酒盛りのそれとは違う。

 但馬は自宅で簡単にバーベキューが出来る環境だから、花見のためにわざわざ食材や道具を準備して出掛けないという。桜を見ることと、飲み食いすることは別なのだそうだ。所変われば品変わる。なるほど面白い。

 ただ、この家の前には桜がある。花見もバーベキューもいっぺんに楽しめる。何というぜいたく、なんという幸せか。ビバ! 但馬! なのだ。

    ◆

 3月まで「道の駅」を紹介してきた豊岡市在住の俳優・河合美智子さん執筆の「河合美智子の但馬漫遊記」は、4月から毎月1回程度、コラムを但馬版で随時掲載します。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ