但馬

  • 印刷
雄大な自然を楽しめるブランコ=県立但馬牧場公園
拡大
雄大な自然を楽しめるブランコ=県立但馬牧場公園
羊やヤギを間近に見学できる「動物ふれあい広場」=県立但馬牧場公園
拡大
羊やヤギを間近に見学できる「動物ふれあい広場」=県立但馬牧場公園
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

■気分はハイジ、絶景ブランコ

 標高約585メートルの愛宕山の麓に園地が広がる。その頂から周囲を見渡すと、山並みの向こうに日本海の水平線がちらり。新設されたブランコに乗って空に近づけば、誰もが「アルプスの少女」の気分で大自然を満喫できる。

 1994年、但馬牛のPRと生産振興の拠点としてオープンした。約36・2ヘクタールの敷地には、牛舎や名牛の歴史を学べる「但馬牛博物館」、ヤギや羊、ウサギなど100頭近くを飼う小動物舎などが点在する。約1・5ヘクタールの「動物ふれあい広場」では、放牧された動物を間近に見学できる。

 今年4月16日には、愛宕山山頂の近くにブランコがお目見えした。その名も「愛夢鞦韆(あいむぶらんこ)」。1人用が2基並ぶ。転落防止用の安全具が備え付けられ、子どもから大人まで楽しめる。

 ブランコへはゲレンデリフトで。冬季以外も土日・祝日は運行しており、ブランコは利用を増やす起爆剤として期待されている。

 昨春、芝生広場に大型遊具が登場し、家族連れが増えつつある。担当者は「遊具で遊んだ後、涼しげな山頂でブランコに揺られながら景色を楽しんでほしい」とアピールする。

 ゴールデンウイーク(GW)は年1回の羊の毛刈り体験(3、4日)や、牛革を動物の形に切り抜いてストラップとコースターを作るレザークラフト体験(4日)を楽しめる。木曜休園(5日は開園)。

 入園無料。県立但馬牧場公園TEL0796・92・2641

(末吉佳希)

【行き方】国道9号を新温泉町の湯村温泉に向かって北上。温泉街近くの「歌長北交差点」を南に折れ、約6キロ先。

【連載一覧】
【1】須磨海岸(神戸市須磨区)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ