但馬

  • 印刷
試作を重ねた装具を持つ川上紀子さん=県立コウノトリの郷公園
拡大
試作を重ねた装具を持つ川上紀子さん=県立コウノトリの郷公園
装具を装着して歩くコウノトリ=県立コウノトリの郷公園
拡大
装具を装着して歩くコウノトリ=県立コウノトリの郷公園

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)が、足の不自由な国内最高齢の飼育コウノトリの歩行をサポートする装具を神戸医療福祉専門学校三田校(同県三田市)と共同で製作している。今後は高齢個体の増加も予想され、同じようなケースに生かしていく。(丸山桃奈)

 この個体は37歳雄で国内最高齢。1985年にロシア・ハバロフスク地方から寄贈された6羽のうちの1羽で、89年に県内の飼育施設として初めて繁殖に成功した。これまで61羽の子孫を残し、「コウノトリ野生復帰プロジェクトの最大の功労者」という。

 今年2月、右足の指がまひし、甲を地面に着けて歩く姿が確認された。足が壊死する恐れもあったため、郷公園の松本令以(れい)獣医師から相談を受けた三田校の川上紀子専任教員が、足に取り付けて歩行をサポートする装具を製作した。現在は歩行ができる状態になったが、より歩きやすくするために改善を重ねている。

 郷公園によると、飼育中の92羽のうち、19羽が25歳以上の高齢個体。郷公園は「高齢個体が増えていくが、歩けなくなる個体を少なくしていきたい」とした。

但馬三田
但馬の最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ