但馬

  • 印刷
はけで描いたような筋雲が朝焼けに染まり、棚田の水鏡に映し出された=香美町小代区貫田
拡大
はけで描いたような筋雲が朝焼けに染まり、棚田の水鏡に映し出された=香美町小代区貫田
夜の浜辺に現れた夜光虫。波が打ち寄せると、青白く輝く=香美町香住区(30秒露光)
拡大
夜の浜辺に現れた夜光虫。波が打ち寄せると、青白く輝く=香美町香住区(30秒露光)
青白く光る夜光虫=香美町香住区(志舩さん提供)
拡大
青白く光る夜光虫=香美町香住区(志舩さん提供)

 兵庫県香美町の山と海で、早朝と夜に幻想的な光景が見られる。小代区貫田の「うへ山の棚田」では水面を朝焼けが彩り、香住区の海では波打ち際で明滅する「夜光虫」が確認された。但馬の深奥な自然を追って、写真愛好家たちが訪れる。(長谷部崇、丸山桃奈)

 うへ山の棚田は県内で唯一、「日本で最も美しい村」連合に加盟する小代区の代表的な景観。標高約450メートルの山あいに築かれた棚田は大小39枚、計3・1ヘクタールに及ぶ。

 香美町によると、この10年で棚田を管理する農家3戸が高齢化で引退したが、地域グループ「俺たちの武勇田」が後を継ぎ、現役の7戸とともに景観を維持。2月には農林水産省が認定する「つなぐ棚田遺産」にも選ばれた。

 大津市から訪れた男性(65)は「平地と違う環境で農家の人たちが苦労して手入れをし、美しい景観を保っているのは頭が下がる思い。水鏡の雲がほんのり赤く染まり、幻想的な光景を堪能できた」と話した。

 同町の海岸では、夜に青白く輝く浜辺が見られる。

 夜光虫は海にすむプランクトンの仲間で、直径1ミリ程度の原生生物。春に海水温が上昇すると発生し、昼間は赤潮として海を覆う。

 波打ち際には夕暮れから写真愛好家らが訪れ、神秘的で柔らかな輝きを放つ水面を思い思いにシャッターを切っていた。

 豊岡市の男性(61)もその一人。これまで何度も撮影してきたが、「今回は約15分間よく光ってくれていた。明るくて発光ダイオード(LED)のよう」と喜んだ。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ